好きなところ



藪柳 景千代(やぶやなぎ かげちよ)
「帝って、人を愛したことあるの?」

神来月 帝(かみきづき みかど)
「あるに決まってる。見ろ、これは俺がさきの為だけに三日間寝ずに作った俺の愛の結晶…」

藪柳 景千代(やぶやなぎ かげちよ)
「うん違う。俺が言ってんのはもっと普通の純粋な愛。そんな恐怖すら感じる異常な愛じゃない」

神来月 帝(かみきづき みかど)
「失礼な事を言うな。悪意を持って噛み付くぞ」

藪柳 景千代(やぶやなぎ かげちよ)
「うん、人間だからやめようね」

神来月 帝(かみきづき みかど)
「そういう景ちょんはどうなの?顔面崩壊してるのかと思って二度見して目が合ったら最後石にされちゃうくらいの衝撃を受けるくらい強烈な女の子(?)とばかり付き合ってきたよね。真実の愛とかあるのか甚だ疑問だよ」

藪柳 景千代(やぶやなぎ かげちよ)
「悪気を持って噛み付きたい。人を見かけでしか判断できない極悪薄情暗黒大魔界クソ闇地獄カーストどん底悪魔王が」

神来月 帝(かみきづき みかど)
「なに?悪口って事しか分かんない」

藪柳 景千代(やぶやなぎ かげちよ)
「三回転生して。そしたら普通の人と同じスタートラインに立てるはずだから」

神来月 帝(かみきづき みかど)
「それより景千代は精神科と脳神経外科に行った方がいいんじゃないかな。眼科ではもう手に負えないレベルだよ。化物に欲情するんだもの」

藪柳 景千代(やぶやなぎ かげちよ)
「俺の歴代彼女に謝れ!」

神来月 帝(かみきづき みかど)
「最近まで付き合ってた子なんて初めて見た時ニュウドウカジカかと思ったもん」

藪柳 景千代(やぶやなぎ かげちよ)
「それが何か知らんがすげームカつく」

神来月 帝(かみきづき みかど)
「勘違いしないでね。俺がひどいんじゃないよ。お前が異常なだけなんだ」

藪柳 景千代(やぶやなぎ かげちよ)
「…あー、俺お前のそういうとこ嫌いだったわ」

神来月 帝(かみきづき みかど)
「俺はブス専の景千代好きだよ」

藪柳 景千代(やぶやなぎ かげちよ)
「そういうとこだよ?分かる?だから友達いないんだよ?だからできないんだよ?ねぇ分かる?」

神来月 帝(かみきづき みかど)
「景千代がいるじゃない」

藪柳 景千代(やぶやなぎ かげちよ)
「ほんっと嫌いだわー。可哀想だから放っておけねぇー…」

神来月 帝(かみきづき みかど)
「うん、俺に流されちゃうそういうとこ大好き!」

藪柳 景千代(やぶやなぎ かげちよ)
「嫌いのこと嫌い」

神来月 帝(かみきづき みかど)
「景千代はいつも俺の事嫌いって言うけど、じゃあどこが好きで友達なの?」

藪柳 景千代(やぶやなぎ かげちよ)
「…………、………。………」

神来月 帝(かみきづき みかど)
「…え。考えすぎじゃない?」

藪柳 景千代(やぶやなぎ かげちよ)
「え何その難しい質問」

神来月 帝(かみきづき みかど)
「難しいかなぁ!?」

藪柳 景千代(やぶやなぎ かげちよ)
「お前のいいとこ言えばいいの?
…平気で人を傷つける、自覚無し。人を見下す、自覚無し。気付かれないレベルの嫌味を言うのがうまい、だますのがうまい、陥れるのがうまい、演技がうまい、ずる賢い、世渡り上手、ずぼら、シスコン…」

神来月 帝(かみきづき みかど)
「悪口じゃなくて、好きなところ」

藪柳 景千代(やぶやなぎ かげちよ)
「………時間もらっていい?72時間くらい」

神来月 帝(かみきづき みかど)
「三日!?かかり過ぎじゃない!?」

藪柳 景千代(やぶやなぎ かげちよ)
「いや短いでしょ」

神来月 帝(かみきづき みかど)
「泣いていい?」

藪柳 景千代(やぶやなぎ かげちよ)
「ってゆーかさ、こいつのここが好きっつって一緒にいるのは恋人同士のような気がするんだよね。友達は波長が合うとか、一緒にいてラクとか楽しいとか…そういう理由?だから好きなところ全部言ってとか言われても分かんない。お前とは元々気が合うから一緒にいるんだろ。言ってしまえば全体が好きで、嫌いなところもこういう奴だからしょうがないって思える。友達だから」

神来月 帝(かみきづき みかど)
「…泣いていい?」

藪柳 景千代(やぶやなぎ かげちよ)
「何でだよ!」

神来月 帝(かみきづき みかど)
「俺お前のそういうとこちょー好きだよ〜!俺もお前の全体が好きだ〜!!」

藪柳 景千代(やぶやなぎ かげちよ)
「泣き方汚っ!こっちくんな!!」

神来月 帝(かみきづき みかど)
「景ちょーん!」

藪柳 景千代(やぶやなぎ かげちよ)
「あーもう、うっぜぇ…」


同性の友達にも好きって言えるとことか嫌いじゃないと思っている景ちょん。帝が図に乗るので言ってあげない。

merci(*>∀<)ノ))★
2017.09.03.
戻る

- XRIE -